若い人には遠い?

0
    『ぱいかじ南海作戦』 椎名誠 新潮社 (2004/4/27)





    映画の原作だというのに、図書館ですんなり借りることができちゃった。



    後に続く予約者もいない!



    ワタクシの愛する椎名先生の著書だというのに。。。。





    ワタクシは死の直前に椎名さんをベッドサイドに呼んでほしいと、昔から考えているんですってば。



    学生の頃から好きなお方で、講演会や写真展、自身監督の映画上映会など数回おじゃまし、運よくお言葉も交わせたり。



    ファンレターを書いたらサイン本が送られてきたし。

    (『地下生活者』集英社 (1993/02) だった)



    当時のファンレターの宛先は小平市の自宅でした。事務所のお姉さんが教えてくれたので「ホントに自宅にだしちゃっていいのか?」と少々とまどった覚えがあります。







    さてさて、肝心の著書の中身ですが。。。



    会社が倒産したうえに離婚して心が折れた中年男が南の島(西表島)へ逃避。



    海岸でのキャンプ生活がこの本のメイン舞台です。



    ちなみに、「ぱいかじ」とは沖縄地方の方言で「南から吹く風」という意味です。



    たどりついた海岸で怪しい男たちの仲間入りをするも、まんまと荷物を持ち逃げされてしまい丸裸になったところへ都会からやってきた青年が同居(?)を始めます。



    ひょんなことから若い娘の二人連れも加わった4人の共同生活を描くなかで、窃盗犯への復讐を果たし彼らともまた一緒に住まうことになる。



    誰かさんと誰かさんが心惹かれ合うとしても致し方ない。





    要するに、海岸生活がいかに気ままで、海に魚がいれば食うに困らない。

    面倒なのはビールを求めて街まで出かけてゆく手間だけ。



    集まったのは皆、何かに疲れて逃げてきた者たち。





    これまでの自分たちの日常を振り返り、のんびりと過ごした先に待っているものとは。。。



    中途半端な終わり方でもいいじゃないか!?

    (映画のラストがどう脚色されたか知りませんけれど)







    南の島を愛し、キャンプでビールが最高の宴だと公言している著者の夢がつまった物語。



    主人公の宮のおっちゃんこと、阿部サダヲは映画番宣で、「ボクがダメな人にはキツい映画です」と言ってました。



    逆に阿部サダヲ好きにはお宝映画でしょう。





    ワタクシが原作読んでいる最中の宮のおっちゃんは、はっきりくっきりと椎名誠でした ラブ









    ランキングに参加しています。

    ぽちっとClickしていただけると喜びます。

    にほんブログ村 ハンドメイドブログへにほんブログ村

    にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへにほんブログ村



    修造、ふたたび。

    0
      今回は書評ではなく、単なるご紹介ということで。。。



      『 松岡修造の人生を強く生きる83の言葉 』 株式会社アスコム(2011.7.7)



      丁度1年前の出版ですね。



      熱い男の人生の指南書。



      前回に続いて、就寝前の一冊としてチョイスしました。



      本の内容について云々言うよりも全部で83ある教訓の題目が面白いのでセレクトしてご紹介します。(全3章から成ります)





      第一章は「自分を応援してきた言葉」



      第15節 「苦しいか?修造!笑え!」



      対戦相手には苦しい顔を見せてはいけない。苦しい時こそ笑顔を。





      第16節 「いま ここ 修造」



      相田みつを先生の「いま ここ 自分」をもじって自分なりに励ましの言葉としている。

      が、「いまここ自分」はそのままでも良くないか?







      第二章は「あなたを応援する言葉」



      第30節 「大丈夫、なぜならきみは太陽だから」





      第41節 「偶然やラッキーなどない。つかんだのはおまえだ!」



      ちょいちょい良い事も言っている。







      第三章は「日本人に届けたい言葉」



      第60節 「上海見てみろ。上海になってみろ!」



      第61節 「不平・不満はポインズンだ」



      第67節 「温泉はなあ、人のことは癒しても、温泉自身を癒したことはないぞ」



      第69節 「おまえは誰にそだててもらったと思ってんだ。ホタテはな、海に育ててもらったんだぞ!」



      第71節 「桜を見てみろよ。桜はな、一年のこのときのためにすべて出しているから美しいんだ」



      第79節 「イワナを見てみろよ。イワナはな、余計な味付けはいらないんだよ」



      第83節 「曇って見えない富士山はな、心で見るんだ!」







      という感じなんです。



      いかがですか?



      読みたくなってきました?



      第三章にいたっては、なんだかさっぱりわかんないですよね。

      笑わせてもらいました 楽しい







      ランキングに参加しています。

      ぽちっとClickしていただけると喜びます。

      にほんブログ村 ハンドメイドブログへにほんブログ村

      にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへにほんブログ村

      強く生きるための指南書

      0
        結構好きです。 このひと。



        見ているだけでなんか元気になる。っていうか、落ち込んでいられない。



        何事にも真剣に向き合ってるのがヒシヒシと感じられる。



        そこは軽く流してもいいんじゃない?って事にもひたすら”熱い”







        『本気になればすべてが変わる』 ―生きる技術をみがく70のヒント―



        松岡修造 文藝春秋 (2009/03)  





        先に読み終えた娘に、「どうだった?」と感想を聞いたら



        「真面目だった」







        そういう判断じゃなくて。。。



        そうか、彼の現役時代を知らない世代はコメディアンと間違えてんのか !?



        かわいそうに。悲しい悲しい







        それはさておき、読み終わってワタクシの頭に残っていることを書きますね。





        冒頭に出てくる、”自分の取説(取り扱い説明書)を書く”というのは面白いと思いました。

        誰かに見せる為ではなく自分自身を分析するにはとてもいい方法ですね。



        結構いいとこあるじゃん、とか ココがダメなとこだよな、って振り返ってみる。

        こんなこと言われると喜ぶよ、なんてね。







        書いて整理する、という戦略は会議での意見の食い違いや夫婦喧嘩にも応用します。

        上司の言い分を書いてみる。妻の提案を書いてみる。



        列挙して見直すことで問題解決の糸口が見つかるんだと何度も言っています。







        がんばれ!修造 いいぞ!修造

        とモチベーションを上げていって損はしないよね。

        自分を鼓舞して邁進してきたんだ、彼は。



        面白い事に、ゴルフのタイガーウッズもグリーン上で自分に声かけしているって。



        モチベーションを自ら上げるにはこれ程手っ取り早く簡単な方法はないのに、誰もそう声を出さないのは羞恥心からか。。。







        技術面もさることながらメンタル面で勝る者が勝者となることは、どのアスリートでも決まって語られる。



        まわりからのバックアップが力になることもあろうが、最終的には自分自身にかかってくるんだ。





        イチロー、クリム伊達公子、石川遼、北島康介ほかの選手のエピソードなどを載せたコラムのページに「う〜ん、そうだったかぁ」と感慨深い話がたくさんありました。



        誰もが一度はスランプに陥り、そこから復活して向上してゆくんですね。





        後輩の錦織圭くんの才能にも大いに期待してましたね。

        これからどこまでやってくれるんだろう。。。って。



        彼なりに熱い熱い声援を絶え間なく送り続けることでしょう。







        ワタクシも真面目な修造さんに ”やる気” をもらいましたよ!









        ランキングに参加しています。

        ぽちっとClickしていただけると喜びます。

        にほんブログ村 ハンドメイドブログへにほんブログ村

        にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへにほんブログ村

        言葉の大海原へ漕ぎだす舟を編む

        0
          久しぶりという間隔ではないな。そうとう空いてる 冷や汗



          長い間、小説らしい小説を読めなかったので前回何について書いたか覚えていません 汗



          『舟を編む』 三浦しをん 光文社(2011.09)



          2012年の本屋大賞受賞作です!



          本屋大賞とはどんな賞なんだ?と気になる方はコチラ↓↓



          http://www.hontai.or.jp/



          本屋大賞を全面バックアップする本の雑誌社には創設者の椎名誠氏や北上次郎こと目黒考二さんらがいます。



          本の雑誌社についてはWEB版からどうぞ。



          http://www.webdoku.jp/



          以前はよく『本の雑誌』を通勤電車内で読んで面白そうな本を教えてもらっていました。

          椎名編集長(当時)ら数名が座談会方式で”今年の1冊”なるものを独断で決定しちゃってた賞(?)が本屋大賞の元だったような。。。



          そこらへんの事を書くと本題からそれちゃいますのでこのへんで。





          えっと、ワタクシが読んだのは「舟を編む」



          題名だけで内容を確かめずに本を買って行く潔い人ってたまにいたりしますよね。

          そんな人には気になるタイトルなんじゃないのかな。



          ワタクシもいったい何のことなのか ? 不思議でしたね。





          ”編む”とは”編集する”という意味で遣われているんだと解釈しましたが。。。







          「言葉の海は広く深い」とは”大渡海”監修の松本先生のオコトバ。



          言葉の海を渡る舟が辞書であり、辞書を編んで(編集)いく過程を楽しみながら生涯の大仕事を成し遂げる。



          真面目な馬締(まじめ)さんが中心となって、15年の歳月をかけて1冊の辞書を作り上げてゆくというお話。

          その辞書が”大渡海”ってわけ。





          前半に登場人物の間で夏目漱石「こころ」の遺書が長いんだよねって会話があって笑ってしまった。

          まさに、ワタクシの感想と一致。



          まじめさんが大家さんの孫と恋におちるくだりではくだけた雰囲気で軽めに書かれていて、学生向けかなとも思う。





          涙を誘う場面もありますが、未読の方も多かろうということでここでは触れず。。。







          ところで、皆さんの本棚には何冊の辞書がありますか。



          ワタクシの学生の頃は国語辞典の次に漢字辞典、中学になって和英&英和を揃えて買わされてせいぜい4冊でしたか。

          和仏辞典はなかったな。さすがに。



          現代は正に電子辞書で軽々ラクチンな学生達が増えてるんでしょうが、辞典2冊もカバンに入れようもんなら貧弱な子は倒れちゃいますよ 病院









          辞書に間違いがあってはならないので校正も5校するってことや用例文にも気を遣いまくっているのでなかなか時間のかかるのは当たり前です。



          ぬめり感のある薄紙にこだわるところなども興味深いです。

          辞書のページのめくれ具合っていい感じですもんね。

          吸いつくようだけど静電気は起きないっていう。





          トータルな感想としては、



          情熱と愛を傾けて辞書作りに取り組む姿は「プロジェクトX」並みのドキュメンタリタッチで映像化できそうな感じ。



          中島みゆきのBGMが頭の中で流れそうだ。









          ランキングに参加しています。

          ぽちっとClickしていただけると喜びます。

          にほんブログ村 ハンドメイドブログへにほんブログ村

          にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへにほんブログ村

















          新田刑事は続くか?マスカレードホテル

          0
            「マスカレードホテル」 東野圭吾 集英社(2011/9/9)





            麒麟の翼 2011/3/3発売



            真夏の方程式 2011/6/6発売



            きっちり3カ月空けて出版なさってるのね。

            几帳面。。。





            新シリーズ!と言っているので今回登場の新田刑事はさらに新たな事件を担当するのかな。



            事件発生の予告をされたホテルのフロント係、山岸尚美はとてもきびきびとした印象。

            なぜかワタクシは登場直後から仲間由紀恵さんを頭に浮かべて読んでいました。



            そして、ちょっとひねくれた感じに初登場した新田刑事は溝端淳平くんでした。(加賀シリーズとだぶるけどね)

            小説の中で、新田刑事の背格好についての記述があったかは定かではありませんが、若造っぽかったのでね。





            舞台はほとんど超高級ホテルコルテシア東京。



            そこに訪れる、というか宿泊する様々な”お客様”のそれぞれの理由。



            外部の人間(犯人)がホテルに侵入して犯行を行うのか。

            または犯人はホテル側の人間か。

            狙われているのは誰か。



            数パターンの奇妙な客がちょっと怪しい行動をとるんだけどね。

            その度に疑うわけ。

            それでも、問題解決したらあっさり帰って行くんだけど、全部が全部無関係では紙面がもったいないじゃん。と薄々気づくワタクシ。



            狙われていたのは、まさかの。。。。あの人。





            人は自ずの認知しないところで他人を傷つけ、恨みを買い、その人の人生を狂わせてしまうことがあるんだなぁ。と最終的に心に残るお話でした。









            ランキングに参加しています。

            ぽちっとClickしていただけると喜びます。

            にほんブログ村 ハンドメイドブログへにほんブログ村

            にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへにほんブログ村

            ビミョーに読了。麒麟の翼

            0
              只今上映中の為、触れない方がいいかと。。。





              捕まらないワケ?



              3年前の殺人未遂。







              東野圭吾作家生活25周年、特別刊行3部作



              ?『麒麟の翼』 加賀恭一郎の阿部くんを脳裏に浮かべつつ読みました。



              ?『真夏の方程式』 湯川教授ガリレオの福山兄イの声色を真似て台詞を読んだ為、通常より時間がかかりました。



              ?『マスカレード・ホテル』 新シリーズ新田刑事が未読の為、次読みます!





              娘からは、宮部みゆきの「小暮写真館」を勧められていますが、結構ぶ厚かったので躊躇しています。





              簡略しすぎた「悪人」

              0
                映画「悪人」吉田修一原作



                をTVで観て。あんまり呆気なくてこりゃ、何かある。。。と思って読みました。



                ぜ〜んぜん違うじゃん! 重みが。。。



                なんであんなに略しちゃったんだろうね。映像。



                原作書いた人が不憫だなぁ。。と思っていたら脚本も本人だったって。

                じゃぁいいのか ? あれで。







                朝日新聞の連載小説だったんですね。

                2006年3月下旬〜翌年1月下旬までの掲載。



                毎日出版文化賞、大佛次郎賞、2008年度本屋大賞第4位と評価されてますねぇ。





                原作では登場人物のディテールがとても深く描かれているのに、残念でした。



                「悪人」が何をやらかしたかと言えば、”殺人”なんですけど。



                世の中もっと悪いヤツらはたくさんいるじゃん。ってくらいにシンプルな犯罪。



                母に捨てられ、祖父母に育てられた主人公は寡黙。



                解体工事の仕事をし、自分の祖父だけじゃなく近所の老人をも病院へ送迎したりしてやれる心をもっている。



                何かがアンバランスで、自分をコントロールする術が足りない。



                若者というほど幼くはないと思うけど、なんかコドモ。



                唯一の趣味は車。金がないので高級車は乗れない。スカイラインでめいっぱい飛ばす。



                自分は「女性を追いつめみ苦しめた状態に興奮する」ことに遅ればせながら気づく。



                あんまりじゃん。汗







                妻夫木聡ファンには衝撃的でたっぷり魅力を堪能できたことでしょう。

                チャラ男の大学生役の岡田将生くんもはまり役だったね。



                本を読みながら映像が頭に浮かぶんだけど、「あぁ、あの場面はこういう裏付けがあったのかぁ」と映画の解説を読んでいるようだ。







                さぁ、ワタクシには次が待っている。



                「麒麟の翼」



                今さらながら娘に勧められて読むことにする。



                娘、大絶賛 グッド なのですごく興味がわいた。

                本人は3回読み返したら映画を観たいそうだよ。



                う〜ん ショック









                ニーチェより長谷部?

                0
                  やっぱり日本語だよ。



                  ストレートだもん。伝わり方が。



                  逆にこの本が海外に出て翻訳されちゃうとなると、きっと長谷部くんの心は全部わかってもらえない気がする。





                  『心を整える』 ― 勝利をたぐり寄せるための56の習慣―



                  長谷部誠 幻冬舎 (2011/3/17)







                  ニーチェが愛読書というのは本当らしいけど、他にも挙げている。



                  『「心の掃除」の上手い人 下手な人』 斎藤茂太 集英社文庫



                  は出版当時一番のお気に入りだったそう。(今現在は変わっている可能性あり)

                  一年に一度は読み返すようにと”読書ノート”に書いてあるって。





                  ワタクシが読みたいと思ったのは



                  『オバマのすごさ やるべきことは全てやる!』 岸本裕紀子 PHP新書



                  米国大統領オバマ氏に関する著作。

                  さっさく入手するとしよう。







                  彼は、ゆくゆくはサッカーチームの監督をやりたいという明確なビジョンをもっていて、その準備として各監督についての観察記録を”監督ノート”につけている。

                  戦略とかゲームメイク以外にも会見場での服装や言動までも逐一チェックしちゃってる。



                  書くことで記憶に深くとどめるという方法は、ワタクシの過去の勉強方法に似ているので共感するところがあり、ふんふんふん。。。という感じ。





                  一貫して言葉遣いが素直、カッコつけてない表現が親しみやすい。

                  若者らしい茶目っ気があるし、思ったより堅物でないのがわかる。



                  真面目は真面目だけど節度を意識しているというか。。。



                  チームメイトから「はせべる」なんてちゃかされたり、几帳面なことをしてるメンバーに「長谷部か!」ってツッコミを入れるのがチーム内で流行ったり。





                  最年長でもないのに、チームキャプテンに任命されて戸惑うあたりが普通すぎる。

                  チームに足りないところを補うのが自分の役目とキッパリと言う。





                  夜、寝る前の一時間を「心を整える」時間として確保する習慣はアスリートに限らず誰にでも必要で効果的なことだと思う。

                  「いい眠り」についた翌朝はきっと最高のパフォーマンスが可能になってるんだろうな。



                  チームプレーに通ずるチームワークの強化に邁進するのは勿論だけど、無駄に「群れない」と割り切れるあたりがいいな。



                  そんな彼にも失敗はあって、サッカー名門の藤枝東高校を目指すも、塾をさぼってゲームセンターに入り浸ってた時期があったんだって。

                  ちょっと、へぇ〜って思うけど受験生が普通に経験する「勉強に嫌気」がさしたんだね。



                  でもね、賢い子は繰り返さないんだよ。失敗を。





                  共感するところは随所にあったけど、極めつけは



                  「時間にルーズな人とは付き合えない。」



                  「遅刻する人間は信用しない。」











                  今日のイチオシ!







                  「革タグとバンビのバッグチャーム&キーホルダー」



                  スワロフスキーの蝶々と戯れるようなバンビの躍動的なフォルムがお気に入り。

                  キーを下げたりバッグの飾りにしたり遣い方いろいろ。



                  セール期間中に是非どうぞ!







                  ランキングに参加しています。

                  ぽちっとClickしていただけると喜びます。

                  にほんブログ村 ハンドメイドブログへにほんブログ村

                  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへにほんブログ村

                  リレーエッセイ

                  0
                    解剖学者VS直木賞作家



                    『脳あるヒト心ある人』養老孟司&角田光代 (扶桑社新書)





                    どっちが解剖学者でどっちが作家かは解りますよね。汗



                    図書館で衝動借り(っていうの?)したんです。



                    題名が面白かったのもあるし、やはりどこかで角田光代さんが気になってるんだなぁって自分の衝動から気付かされました。



                    産経新聞で平成17年から20年までの月に一度の間隔で往復書簡のようなかたちで載せていた94編が収録されています。



                    どちらからともなく投げかけた疑問やなんとなくつぶやいた日々のいろいろなんかに30歳違いの二人がとても自然に語っているのが印象的です。



                    角田さんは中学生の頃読んだ川端康成の「伊豆の踊子」について、ちっとも面白くない、と評し以後彼を”面白くない作家”に分類していたという暴露発言も潔くていい。

                    ところがどっこい、歳をとって読み返すとかなり面白かったとのこと。



                    このことで、ある本を読んで「面白くない」と怒るのはお門違いであり、読み手の未熟さもまた原因である。とかなんとかに気付かされると。

                    ある時期面白くなかった本を今読むとすごく面白い。その逆もしかり。



                    「ふ〜む」とそこでちょっとうなる。



                    養老先生の趣味が「虫とり」であったり、角田さんは大の数学オンチだったりということもわかるのでファンの方が読んだら喜べるはず。



                    案外、「うん、そうそう」「そういうことあるよね」「え〜、アナタも?」ってことが書かれているので最後まで面白く読めます。



                    なんでこの連載が終わったかと言うと、”本になるくらいの長さ”になったらやめようと決めていたというのもアバウトでいい。



                    コレを読んだせいでワタクシは養老孟司先生の著書をまた探すことになりそうです。





                    今日のイチオシ!







                    「アリスの仲間たち&Lace」



                    アリスの登場人物がかこむサークルの中心はアリスの頭文字「A」が刻まれたチャームが下がっています。

                    背面のレースとトップのベルベットリボンがゴスロリっぽい?







                    ランキングに参加しています。

                    ぽちっとClickしていただけると喜びます。

                    にほんブログ村 ハンドメイドブログへにほんブログ村

                    にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへにほんブログ村



                    今さら。。。

                    0
                      久しぶりの「やや書評」ですな。



                      読みっぱなしで放ってしまったのは、



                      『超訳ニーチェの言葉』白取春彦(ディスカヴァー・トゥエンティワン)





                      どうして放ってしまったかはご想像におまかせします。豚



                      どうして読んだかというと、かねてから読みたかった『心を整える』の著者、長谷部誠が雑誌の対談で愛読書として挙げていたのが「ニーチェ」だったわけで。。。



                      そんな単純な理由でしたのさ。

                      だって、興味のある人が興味をもって読んだ本なら読んでみたいじゃない。



                      ニーチェって有名な哲学者なのはなんとなく名前も知っているけど、一体どんな思想の持ち主?って聞かれると答えられない。

                      誰か簡単にはしょって教えてくれないかなぁ。。。って思うのは罪じゃない。



                      そこで、この本の内容はというと、

                      ニーチェが数多く残していった名言を各書から集めて編集したようなもの。

                      全部で232のオコトバについて、著者が解説しているようです。(←ホントに読んだのか汗



                      1.己について 2.喜について 3.生について 4.心について 5.友について 6.世について 7.人について 8.愛について 9.知について 10.美について



                      というふうに10のテーマに分かれています。



                      結果、ニーチェの言葉をかみ砕いているわけですから著者の主観がバッチリです。

                      人生の指南書としてなら受け入れられる。という感想を持った人が多かったようです。



                      所詮、原文で読める語学力もないのだから誰かに略してもらわなきゃならんのだし。。。

                      そこんところどうなの ?





                      ただ、一文



                      「今のこの人生を、もう一度そっくりそのままくり返してもかまわないという生き方をしてみよ」



                      ってのは、響いたかな。





                      ところで、こんなワタクシに遠回り(?)をさせたご本人の長谷部くん。



                      やっと『心を整える』を読む機会が巡ってきました。



                      ワタクシより先に一気読みしてしまった娘によると、



                      「いいよ」



                      ということでしたので、楽しみです。











                      今日のイチオシ!







                      「ピンクオパールとレースのピアス」



                      綺麗なラインのレースが気に入ったのと、ピンクオパールの発する「なんとなくピンク」のお色が好きなので合わせちゃいました。



                      かる〜いピアスです。もちろんイヤリングにも変更可能。









                      ランキングに参加しています。

                      ぽちっとClickしていただけると喜びます。

                      にほんブログ村 ハンドメイドブログへにほんブログ村

                      にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへにほんブログ村


                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << July 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM