ガリレオ 聖女の救済 【追記あり】

0
    『聖女の救済』 東野圭吾 文藝春秋 (2008.10.25)


    高視聴率キープ !

    湯川准教授のガリレオシリーズ。

    6/17(月)前編、 6/24(月)後編 がTV放映されますねぇ。

    そこで、再読。

    まさかのぉ〜  読んでなかったか !? と自分を疑うくらい忘れている 汗

    同時発売された 『ガリレオの苦悩』 についてもどうやらブログは書いていないようですが。。。



    聖女とは誰で、何を救済したのか。。。


    でもね、今回のTVでは本の内容と若干ちがっているようですよ。
    どこがどう違うかは観て、読んでのお楽しみ。


    先日体調をくずされた、天海祐希さんの復帰第一弾。

    存在そのものがとてもゴージャスで魅力的な女優さんですよね。

    そんな天海さんと大好きな福山さんの共演、早く観たいです ラブ


    ドラマ直前とあって、何を書いて何を伏せていいかわかりません。

    今回は、書評にはなってませんね 汗

    来週、この記事に追記しようかな。



    一言コメントを許していただけるなら、 ”執念” ってコワイ 唖然




    【ここから追記分です】

    相当削ったな、というのがTVを観終わっての感想です。

    もともとは、草薙刑事が被疑者にちょっと心を寄せちゃってる設定なんです。
    が、TVでは彼女は湯川准教授の中学時代の同級生で初恋相手にされてます。

    湯川さんを軸にして話題騒然となっている番組なので仕方ないのかもわかりませんが、草薙さん (北村一樹さん) は複雑な心境だったのではないか、とヤキモキしました。

    綾音さんが作成したタペストリーについても、原作では事件関係者のつながりの伏線となっていたところを端折ってしまっています。

    そもそも綾音さんはパッチワーク作家さんでした。
    幼児教室ではなく。


    この話は原作に忠実に映画で観たかったな、というのが本当のところ。

    もっと奥深いです。 あたりまえだけど。


    草薙さんもいいじゃないですか。
    恋しちゃったのがバレちゃって、それを理由に捜査過程で翻弄されることはないと信じている、という湯川さんの言葉どおりシャンとした刑事の顔を貫き通します。

    刑事ったって特別な人間なわけじゃなく、フツーの感情がわくわけで。。。

    真犯人が確定し、複雑な境地でいる草薙刑事のアップを捕えて欲しい。
    (あっ、これは映像化した場合ね。)


    愛した人の為に犯罪を犯した石神の悲哀を書いた 『容疑者Xの献身』 にトーンが似ちゃうかな。


    原作の話に戻り、事件の内容とは関係ないところのシーンでは、内海薫が捜査過程で移動中に ”福山雅治” のアルバムをiPodで聴いている、というくだり。

    ファンサービスかな。 東野さんが書いてますって。


    湯川さんと草薙さんがバドミントンをするシーンも想像するといいです。

    これは是非画にしていただいて楽しみたい。
    上腕筋肉ピクピクしたところを見たいなぁ ラブ って。。。


    話が逸れまくりました。


    原作とTVドラマの違いを話していると思いきや、いつしかレギュラーキャストをイメージして妄想してしまってます。



    改めて、”ありえない話” なのは気付きましたよね。

    だって、あそこの浄水器、1年間触らずにいられる?

    内輪物語? 震度0

    0
      『震度0』 横山秀夫 朝日新聞社 (2005/7/15)





      1995年1月に発生した阪神淡路大震災と時を同じくして、N県警本部の不破警務課長が失踪する、という事件が起きた。



      舞台である警察庁舎での6人の幹部の間で交わされる、めんどくさい駆け引きが事件の解決を遅らせている。



      キャリア、ノンキャリアの偏見やしがらみ、政治家との癒着と賄賂、違反のもみ消しなどの暗部の動き。



      それに加えて、お決まりのポスト争いと女の取り合い。



      官舎に住む奥様間のライバル意識の高まり。





      地震については何もつっこんだ描写もなく、震度がいくつだとか死者が何人だとかの報告程度でしか触れていない。



      こんなこともあった時代、ということを残しておきたかったのかなぁと思え。。。



      歴史的大地震のさなか、県警での失踪事件のほうに重きをおきすぎってのもどぅよ、って感じなくもない。





      震度7の震災に対峙して、最後の最後に隠し玉を暴露し合ったごちゃごちゃの県警本部って震度10くらいあるんじゃないのって気がしましたが。。。





      なんとなく、事件の真相がみえてきた頃から気になりはじめて一気に終わりまでとばしました。



      ひとりの男の生き様と、その人生にかかわってしまった夫人の哀れさがしみじみ心に残るラストでした。





      これまで読んできた横山氏の作品とは異質のもののように感じました。



      良い悪いは別として。。。







      ランキングに参加しています。

      ぽちっとClickしていただけると喜びます。

      にほんブログ村 ハンドメイドブログへにほんブログ村

      にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへにほんブログ村







      久々の横山秀夫 ルパンの消息

      0
        『ルパンの消息』 横山秀夫 光文社 (2005/5/20)



        著者がデビュー前に書いた作品が、1991年第9回サントリーミステリー大賞佳作となり、その ”隠し玉” に加筆したのが本書。





        警察署員の忘年会の席で、ひっそりと回された1枚のメモ。

        15年前に自殺として処理された女性教師の墜落死は、実は殺人事件だった、と。



        警視庁にもたらされたタレ込みの情報元は隠されたまま。



        犯人は、教え子の男子高校生3人で15年前の 「ルパン作戦」 がからんでいるという細かい指摘だが、実は時効まで24時間という切羽詰まった状況。



        全力で事件解明に向うが何しろ時間がない。

        「ルパン作戦」 とはいかなるものか。





        やがて連行された喜多の供述によって、期末テスト奪取計画であったことが判る。



        3人が 「ルパン作戦」 を企てていた溜まり場が 「喫茶ルパン」



        そこのマスターこと、内海一矢は日本を震撼させた 「三億円事件」 の容疑者であるも、時効成立が間近であった。



        3人はマスターを ”サンオクさん” と呼び、一目おいていた。







        喜多の他にひとり、学生をやめても荒っぽく生きる竜見も連行され、当時を供述する。



        15年前と現在 (取調室) を交互に描いていきながら、読み手に謎解きを楽しませる手法だ。





        誰にもありがちの、学生時代に密に付き合った仲間が、時を経て全く別の道を歩み消息も知れないまま関係が途絶えてしまう淋しい関係。



        破天荒な期末試験問題強奪計画を実行するほどの強い結びつきは一過性のものだったのか。。。



        誰と誰がどういう理由でどう関わってどういう過ちを犯すことになったのか、たくさんの組み合わせがこの一冊に込められていると思う。



        ”サンオクさん” がどこで絡んでくるのかも興味深いのではないでしょうか。







        ともかく、結論は 「もう一度読みたい」





        オススメです。



        至福の読書タイム 「三十光年の星たち」

        0
          宮本輝 『三十光年の星たち』 毎日新聞社 (2011/3/12)



          大好きな輝先生の本を久しぶりに。



          金貸しのおじいさんの運転手として借金の取り立てに同行することになった青年の人生の転機を書いた物語。





          どこを見込まれたのか、道中共にしていくうちにあれよあれよという間にスパゲッティ屋の主人にさせられ、店舗の拡大を課題にされ、不思議な力に導かれるように自分の人生を変えていこうとする青年。



          失敗をしても下降線をたどるのではなく、人生の矛先を上向きに修正していく周りの人たち。



          苦労をしても、修練を繰り返し何かを身につけて生きる目的を持つ。



          そんな人の集まり。



          誰も挫折しないし誰も甘やかされない。



          誰かには必ず ”師” がいて、信じ、信じられる関係を築く。





          30年後、自慢できる自分の姿を想像して気合をいれて人生を生きろ。





          細い路地の車止めの先に居を構える青年と金貸し。



          物語の始まりがこの地の描写で、ラストにはこの人を拒絶しているかのような象徴である車止めを壊そうとするシーンで終わる。



          この小説に数多くあるキーワードのひとつ。車止めにもご注目。





          読み終わって清々しいのは輝先生の全作品において共通です。









          読了の余韻にふけって2日目の今日、たまたま中島みゆき氏のアルバム 「ララバイSINGER」 を聴いていたワタクシ。



          TOKIOに楽曲提供した 『宙船 (そらふね)』 をがなるように唄う迫力にビビリはしたものの。。。



          「おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな」



          というフレーズが輝先生の世界だなぁ。。。って感じ入ってしまったのです。

          何回もリプレイしました。

          長瀬くんが負けている。。。ものすごい気迫。





          また、偶然にも輝先生の 「水のかたち」 を図書館にリクエストしていると、みゆき氏の 『水』 がかかり、



          「水の形を探してみて 水に形のないことを知る」



          ってフレーズ。



          どうしちゃったんだろう。 この連鎖。









          ランキングに参加しています。

          ぽちっとClickしていただけると喜びます。

          にほんブログ村 ハンドメイドブログへにほんブログ村

          にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへにほんブログ村











          とんび

          0
            『とんび』 重松清 角川書店(2008.10.31)



            主人公のヤスさんが ”とんび”



            待望の息子が ”鷹” という立ち位置。



            だけど、読み終わってワタクシはそうは思わない。



            ヤスさんはとんびではないし、アキラは鷹ではない。



            アキラはヤスさんの子でしかない。





            13日にスタートしたTBS日曜劇場ですが、第二話も終わりました。



            が、まだ観ていません。



            録画してあるので何週間かまとめて観ることになりそう。。。





            ワタクシが本を読み終えたのが一昨日ですから、本当はしばらく観ないでおきたいです。





            なぜって?  本がよかったからかな。

            どちらかというと、映像よりも読み物で感じた余韻のほうを大切にしたい性質なので。





            語り口調が軽快で、コミカルな表現もありスイスイと読み進むことができます。

            そのくせ、要所要所でズキン!とさせてジュルジュルしちゃいます。



            そんなテンポが宮部みゆきさんの著書のなかにもあったような気がしました。



            口調が違えば、暖かな人間関係を描いているところが宮本輝氏に少しだけ寄っている感じも受けました。



            特に、ヤスさんの幼馴染である照雲の父、海雲和尚の存在が最も共通しているように思えます。

            他人を諭す人間がどこかに登場しているのです。



            ドラマを観た娘も、そこのところを感じたらしく、周りがイイネ グッド と言っていました。





            母が居ない理由はいつか話さなきゃならない。



            それをいつにするかのタイミングが難しい。 理由が理由だけに。。。





            本当の事は思いもよらない経路で伝わってゆく。





            父、母、子ども という整った家族構成が当たり前のことではないということを、ヤスさんもアキラも、その後のアキラの伴侶となる女性も痛感している。



            みんながちょっとずつ欠けている箇所を補いながら生きている。







            子どもの為に生きていよう。



            生きていてほしいと思ってもらえる親でいよう。





            と、改心たオババでした。









            ランキングに参加しています。

            ぽちっとClickしていただけると喜びます。

            にほんブログ村 ハンドメイドブログへにほんブログ村

            にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへにほんブログ村

            禁断の魔術 ガリレオ8

            0
              『禁断の魔術 ガリレオ8』  東野圭吾  文藝春秋 (2012.10.15)



              とうとうエイト (8) でっせ。



              昨年のセブン (7) からわずか数カ月。



              湯川ファンでありながら、こんなに遅れての読了とは。。。お恥ずかしい 汗



              まさか湯川が殺人を !?



              第四章では、湯川准教授の ”人となり” が浮き彫りにされていい読み物でした。



              今さら何を。。。って思うかもわかりませんが、ただの偏屈な科学オタクではない人間味のある男性だということが強調されていますね。



              ネタばれになるといけないので、どこまでしゃべっていいのか判断が難しいですが、結論は 好きラブ デス。



              何が?



              湯川准教授。



              今年は映画でも堪能できるとあって、いつもの年より夏が待ち遠しい 楽しい





              第一章から第三章は短編で、科学の不思議と人間関係のアレコレを絡ませた内容になっていて、必ず 「そうだったのかぁ。。」 っていう反応をしちゃいます。





              第三章の ”念波る” (おくる) では、題名に変に反応してしまったワタクシがいます。



              素直に読むと、 ”ねんぱる” じゃないですか。



              よく、応援に行けない試合観戦などに対して 「勝てるように念を送る」 って言うんですが、今度からは、 ”ねんぱる” って言っちゃいそうです。



              「今、ねんぱったからね。」 とかそんな感じ。

              若い娘じゃないと許されない発言のようですけど。





              『7』 で最後と言われたはずが、著者の変わり気で 『8』 が出たわけですが、もしかして次も。。。 !?



              期待しちゃいますね。









              ランキングに参加しています。

              ぽちっとClickしていただけると喜びます。

              にほんブログ村 ハンドメイドブログへにほんブログ村

              にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへにほんブログ村

              永遠のゼロ

              0
                実は、読み終わって随分たってます 汗



                夏休みでもないのに、課題図書を提示されてしまったワタクシ。



                娘が強く勧める 『永遠のゼロ』 百田尚樹 太田出版 (2006/8/24)





                「生きて妻のもとへ帰る」

                 そう公言していた日本軍ゼロ戦パイロット。



                そのパイロットを祖父とする青年が、太平洋戦争で戦死した宮部久蔵のことを調べ始めるところから始まる物語。



                日本各地に生存する元戦友たちの証言から浮かび上がってきた宮部久蔵の姿はいかなるものか。。。



                戦機の操縦テクニックが一流でありながら、死ぬことを拒み続ける戦闘機乗りの生きざまを探る青年とその姉。



                生きることに拘り続けた男が特攻に志願して命を落とした理由は何なのか?

                60年もの長きにわたって封印されていた事実とは。。。





                誰からも英雄であったと称えられれば、孫としては誇り高い過去のはずが、数人の取材で得られた印象が、『臆病者で死ぬことを恐れていた』 と聞かされては何とも複雑であろう。



                意気消沈しながらも、可能な限り最後の生き証人まで取材を続けていくうちに、また違った賛美の声も聞こえてきて。。。





                一番知りたかった、 ”何故特攻に?” の謎を解く真実が明かされたとき、ふうっと息がぬけるような脱力感を感じました。



                「生きて帰る」 という熱望よりも 「義理を返す」 男気を見せつけられた最期に呆然としてしまったのです。





                ひとりの人物に焦点を当てた物語だけれど、角度を変えれば千差万別の物語が生まれるであろう歴史。



                練習機よりも軽く見られていた特攻隊の命。



                日本が潔く負けを認めるのが早ければ、たくさんの命が無駄にならずに済んだのに。。



                お国の為に命を落とすなんてことが、今の時代には絶対にあり得ないと思えることが、何千、何万人もの人生を狂わしてしまった。



                現実として認識することができるには勉強が足りな過ぎるワタクシです。







                ランキングに参加しています。

                ぽちっとClickしていただけると喜びます。

                にほんブログ村 ハンドメイドブログへにほんブログ村

                にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへにほんブログ村







                友情

                0
                  娘が友達にすすめられたという、



                  『友情』 武者小路実篤  新潮社 改版 (1947/12)



                  ワタクシも読んでみました。





                  のっけから、主人公野島の杉子に対する恋愛感情が延々と語られる、ちょっと ? な内容の本書。



                  杉子というのは、野島の友人仲田の妹で、野島からすると 「あんなに美しい人は見たことがない」 ほどの美人(らしい)



                  脚本家の野島は小説家の大宮を大の友人として信頼し、この淡い恋心を打ち明ける。

                  大宮は杉子についてはそっけない態度を示すが、まさかゆくゆくは二人が結ばれることになるとはツユほども疑わない野島。



                  大宮がかねてから夢であったヨーロッパ行きを突然早めて旅立ったのには理由があった。



                  かれは、友人野島の為に身を引いたように思える。





                  思えたが。。。しかし !



                  後を追うようにヨーロッパへ出向こうとする杉子が大宮と交わした往復書簡を、小説という形で野島に公開してしまう大宮が変 ?



                  後半の多くのページをこの二人の書簡のやり取りに割いているところを読んだワタクシはもやもや。



                  かつての 『こころ 』 夏目漱石 での ”長すぎる遺書” を思い出してしまったのでした。

                  (2011/07/22 のブログ記事参照)





                  ドロドロの三角関係というところまで発展せずに話が終わっているのだけれど、可哀想な野島は杉子の告白によると、”彼の隣には1時間以上いられない” と手厳しい。





                  なんとも ”あはれ” な扱いをうけてしまったものだ。





                  あなたなら、信頼する友にこのような仕打ちを受けてしまったらどう対応しますか。



                  野島は大宮に対して、『仕事で勝負しようじゃないか』 として終わっています。



                  よかった。 自決しないで。









                  ランキングに参加しています。

                  ぽちっとClickしていただけると喜びます。

                  にほんブログ村 ハンドメイドブログへにほんブログ村

                  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへにほんブログ村







                   

                  阪急電車、しかも今津線

                  0
                    『阪急電車』 有川浩 幻冬舎 (2008/01)



                    文庫版は2010年8月5日に初版発売されてから1年9カ月で、累計売り上げが100万部を突破したという人気。



                    兵庫県の阪急今津線、片道15分、駅数8つ。



                    題材はこの今津線の始発から終点、さらに折り返して始発にもどる間に繰り広げられる人間味のある諸問題。



                    婚約者を寝取られたOLや恋人からDVを受けてる彼女、孫に厳しいおばぁちゃん、図書館で見初め合った初々しいカップルなど。







                    東京 (というと偏見かもしれませんが) では、電車内で他人と言葉を交わすということが非日常であるので、まして自分の人生を左右するような助言をされたり諭されたりなんてあり得ないことなんですが。。。



                    この舞台では、赤の他人からハッとする一言をもらって ”気づき” の瞬間を味わってしまう人々が登場します。



                    人の助言を聞ける時って、どっか弱っているんだなぁって改めて思い返せるエピソードがいっぱいです。



                    簡単な文章で、自然と流れるように展開する一編は親近感がもてて非常に読みやすかったです。



                    何度もジ〜ンとくる場面に出くわしていたなぁって読了後にしみじみ思いました。







                    そもそも、この本を手にしたきっかけは。。。



                    娘が、百田尚樹 『永遠の0』 を読んでいたので、どんな作家? ってなことで PC 検索したところ、



                    『戦争を通して“家族の絆”を描いた百田尚樹『永遠の0』(2009年7月発売/講談社)が、文庫部門で累計売上が100万部を突破。

                    今年5/14付で有川浩『阪急電車』(10年8月発売/幻冬舎)が獲得して以来、文庫部門13作目の100万部突破となった』



                    という記事に出くわし、数日後に図書館で偶然目にとまった文庫を手にとり貸出カウンターへ直行。







                    話はあちこち飛びますが。。。



                    百田さんの新刊は、出光興産の創業者である出光佐三をモデルにしたノンフィクション



                    『海賊とよばれた男』 講談社 (2012/7/12)



                    だそうで、こちらも評価が高いので是非娘に勧めたいと思います。





                    何かの縁でワタクシも読んだとしたら、ちょこっと書かせていただきますね。







                    ランキングに参加しています。

                    ぽちっとClickしていただけると喜びます。

                    にほんブログ村 ハンドメイドブログへにほんブログ村

                    にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへにほんブログ村

                    ガリレオ再来

                    0
                      ファンクラブイベント横浜スタジアム、アリーナ席で真近に湯川教授いや、ましゃ兄ィを拝んできたせいか、感情移入が著しいこの一冊。





                      『虚像の道化師 ガリレオ7』 東野圭吾 (文藝春秋 2012/8/12)





                      第四章から成るガリレオシリーズ。



                      第一章 幻惑す(まどわす)



                      第二章 心聴る(きこえる)



                      第三章 偽装う(よそおう)



                      第四章 演技る(えんじる)





                      湯川教授と草薙刑事の ”からみ” のシーンが多い、第二章と三章が楽しく読める。





                      犯人との格闘の末、脇腹をさされて入院中の草薙を見舞う湯川。



                      むき出しの見舞いの品 (マスクメロン) を差しだす湯川に



                      「むき出しかよ」 「ふつう、箱とか籠に入れないか」 と草薙。



                      「箱や籠が欲しいのか」 と切り返す湯川。





                      このくだりがなんとも好きだ。





                      ひねくれた性格が敵を多くしているようだが、誰もが明晰な頭脳にひれ伏してしまう教授の存在は大きい。





                      東野さんの作品は、読者に推理させる暇を与えずさっさとネタ明かしをしてしまうので、気合いを入れずに読めるのがいいです。



                      ただし、湯川教授のセリフはワタクシの頭の中でましゃ兄ィの声色に変換され、間合いも十分にとるので進みが遅いのがタマニキズ 汗







                      只今話題になっているのは、ガリレオはガリレオでも来夏上映の映画 『真夏の方程式』



                      静岡のどこぞの温泉地が舞台となるそうですね。



                      温泉入浴シーンはあるんでしょうか ときめき





                      あっ、話が違う方向へ。。。





                      そろそろ、次のガリレオシリーズ 『禁断の魔術 ガリレオ8』 が発表になるらしいですよ。



                      ファンの方はお楽しみに。















                      ランキングに参加しています。

                      ぽちっとClickしていただけると喜びます。

                      にほんブログ村 ハンドメイドブログへにほんブログ村

                      にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへにほんブログ村




                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << July 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM