誰の為に。

0

    『 スクラップ・アンド・ビルド 』 羽田圭介   文藝春秋 (2015/8/7)

    無職の孫と要介護レベルの同居の祖父との交わりを描き、
    笑える場面をはさみつつも、慎重に対処する必要性を問われる日常。

    祖父の口癖は「はやく迎えにきてほしい」

    天からのお迎えを待つ毎日は、自室の天井をながめて大半が終わる。

    死にたい願望を口にするのを聞き飽きた孫は
    自殺ほう助の罪をかぶらない程度の手助けをしてやろうと気持ちをたかめてゆく。

    身の回りの世話を率先してやき、祖父自身から自立する力を奪ってゆく。
    脳の働きをにぶらせ、体力をうばい、気力を失わせるように導く。
     

    実の娘から容赦なく罵倒され、息をひそめるように生きている祖父。

     

    板挟みの身ながら、「死の手助け」を決めた孫は祖父に変な意味でよりそう。

     

    自分だけは、祖父に対して当たりを柔らかくしようと努力しても、さすがに瞬間的に爆発してしまう。

    そして、我に返り反省。。。

     


    自分が手を貸してやることで日常を過ごすことができていた祖父と別れ、

    就職のため茨城に引っ越す道中、

    自分よりも弱い人間が直近にいなくなったことで

    あきらかに自分自身が最低の位置に落ちたあせりを感じる。

    祖父の存在は自分のモチベーションをあげるひとつのツールだったのか。

    うまく使いこなすことができないままツールを手放してしまった孫と
    使い手を無くしてもなんとかやっていけそうな祖父との距離。

     

    実際は離れたけれど、つながりはいっそう強まったのではないか。。。。

     

    きっと自分がいなくても祖父は介護施設で ” 生かされて ” いくに違いない。

    結構長生きすかるもしれないな。とも感じている。

     

    そんな転機の場面で話は終わります。

     


    同居・別居にかかわらず、老年の親または親族とかかわり、
    「楽に死なせてやりたい。。。」そういう葛藤をかかえている人は少なからずいるはず。

     

    高齢化社会を危惧する時代に沿ったテーマだったんだなという印象です。

     

    又吉先生と同時に芥川賞を受賞した本書。

     

    「火花」はNetflixオリジナルドラマとして世界で配信されているようですが、

    こちらは某監督が撮ったら面白いんじゃないかな、とふと思いました。

     

     


    「母という病」の元凶

    0
      『 母という病 』 岡田尊司 ポプラ社 (2012/11/2)



      とらえ方を間違えて読み始めた本書

      母である、ということの苦しみやプレッシャー、葛藤を問うた内容かと思ってしまったんですが。。。

      実は、” 母が病原体 ” であるというショッキングな内容でした。

      子どもは生まれてすぐ母乳をもらい、胸に抱きしめてくれる存在がいるべき。

      親を選んで生まれてくることができない子どもでも
      この世に出た瞬間から愛されることで心が安定し後々の性格形成を左右する。

      しかし、

      親にかまってもらえず、育児放棄さながら放ったらかしにされる子どもは
      生まれからずっと心が不安定のまま成長し
      うつ病やひきこもり、自殺願望が芽生える事例も多々ある。

      また、愛情とは別の枠で

      母に支配され、がんじがらめの日常を送っている子どもは、
      知らず知らずのうちに母の機嫌をとる習慣が身についてしまう。

      すっかり母に依存することで、いい歳になっても自己判断で物事がすすめられない、
      自主的に行動することをしない、生活能力のない人間に育ってしまう。

      自分の都合で子どもを可愛がったり遠ざけたりする身勝手な母親。
      自分の言いなりになる子が可愛くて、反抗がはじまると放り出してとたんに無関心になっていく。

      そうやって母の態度にふりまわされる生活を余儀なくされてしまっては
      平常心でいることが難しくなるのは当然。


      ある程度成長した子どもはいつしか、母との決別が必要と気づき始める。
      その反面、母から逃避しきれない、母を捨てられない自分と葛藤することになる。
      母と子どもの立場が逆転しつつある時、第三者の存在を頼り、一度距離をおいてみることが必要になる。

      母から相手にされない、受け入れられない子どもほど
      母からのほんの些細な愛のかけらを待ち続けている。

      明日こそ、明後日こそ、と期待をかけて。。。


      この書の中では、多くの著名人が「母という病」と闘ってきたと明かされています。

      日本国内はもとより、全世界で名を知れた人物も、表面下で母との決別を余儀なくされたという事実。

      誰もが知っている名スター、芸術家の名が挙がっています。


      ワタクシは、自分自身が元凶になっていないか、じっくり考える機会を与えてもらいました。

      その場合、犠牲者はひとりに限定されるわけで。。。

      今までコンタクトしてきた数々が過ちであったかもしれないと思うと切なくなります。

      子ども自身が、まだそのことに気づいていない、ということも十分考えられることですから。

      表面に出ない範囲で悪影響を与えていたとしたら正さないといけませんね。

      きちんと聞いてみる必要があるのでしょうか。。。。悩み中です。


      ここ数年、「夫源病」と命名された病(?)が世間に浸透してきたこともですが、

      身内で痛めつけ合ってどうするんでしょう。。。と、トホホな気分ですね。

      ぐるぐるまわる

      0
        『酔うために地球はぐるぐるまわってる』 椎名誠  講談社 (2014/5/23)

        好きだなぁ。。。

        地球の自転までも都合のいいように解釈してしまうところ。

        着眼点がいいタイトルでとても気に入ってます。

        ワタクシもいっそのこと永遠にまわっていたい心境です。


        一冊まるごと酒にまつわるお話がつづられています。

        世界各国で、大好きなビールをあびるように呑み

        ウォッカに悪酔いして地獄の朝をむかえた過去をもつつみ隠さず書いています。

        海とか山とか美人とかをセットにして酒をより美味く味わう術を心得たベテラン呑ん兵衛

        「とりあえず一杯」に一刻も早くたどりつきたい彼の欲望をはばむ旅先のアクシデントなど面白いオハナシが盛りだくさん。

        馬ションビール、理科室にあるような ” アルコール ” 、生産過程が不気味な酒など世界各国の酒事情を教えてくれます。

        ビールを豪快にあおるシーナ氏もいいけれど、シングルモルトをまったりと舐める姿もお似合いだと思います。

        貴方はひとを叱れますか?

        0
          『 叱られる力 』  阿川佐和子 文藝春秋 (2014/6/20)





          叱られ続けて60年のベテラン阿川氏。



          語り口調でざっくばらんに身の回りの叱られ下手についてのエピソードを書いています。



          本当に近年、叱る人を目撃しませんね。



          他人に無関心、というのと関連してるのでしょうか?



          でも、無関心でいられない社会ってありますよね。



          会社内でコミニュケーションをとらずにいられるわけは無いんですから。



          親にも叱られたことが無いのに、産まれて初めて上司に叱られて。。。



          どうしていいかわからず辞表。



          まさか ! と思うことが実際にあるみたいですよ。





          上司にあたる役職向けに、叱り方を講義するなんて講座もあったりして。



          なんか変だな、と思うのはひと昔前の人間?







          ” 叱る ” と ” 文句を言う ” は少々違いますね。



          『 叱る 』 には愛があると思うんです。



          正して育てる、注意するにはその人に興味がないとできないと思うんですね。



          どうなったっていいや、と思う相手を叱りませんよね、わざわざ。



          良くなって欲しいと思うから嫌われるのを覚悟で叱るんです。





          『 文句 』 は自分の意に沿わない、気に入らないことについてグダグダ言うイメージ。



          聞く方はたまらないし、ホントは言ってる方も後味が悪かったりして。。。



          気をつけたいです。





          それにしても、阿川氏のお父上って凄まじくワンマンで厳しかったんですね。



          にもかかわらず、卑屈にならずおおらかに育ったのには、正しく叱る者と素直に叱られる者との歯車が合っていたのではないかと思います。



          叱られる人はシアワセなんですよ。







          お店の正面玄関はこちら ⇒



          ランキングに参加しています。

          ぽちっとClickしていただけると喜びます。

          にほんブログ村 ハンドメイドブログへにほんブログ村

          にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへにほんブログ村

          マイケルじゃないよ

          0
            『 ネバーランド 』 恩田陸  集英社 (2000/07)



            某有名進学校の寮が舞台。



            なのに !



            ネバーランドと聞いて、マイケルジャクソンを思い浮かべる年代は???



            性的虐待疑惑で一躍話題になった、マイケルの自宅兼遊園地がこの名前でしたね。





            イメージがそれでかたまってしまったワタクシの頭は、何やらいかがわしい事件でも起こるのでは・・・・



            との先入観をもったままスタート。





            冬休み、寮に居残った3人と外部からの参入者1人、計4人の秘密の告白。



            プチ誘拐が原因の女嫌い、母親殺害疑惑、両親離婚調停中、妾の子が父の本妻から性的虐待。



            フツーの生い立ちとは言い難い、それぞれの苦悩。



            広い敷地内、ひっそりとした古い寮でのたった4人の生活で否応もなく高まる親密感。



            ” 心を許す ” というよりも、あからさまにわだかまりを発散させてくれたシチュエーションに全員が感謝したはず。





            居残り1日目から7日目までの短い時間の中で、トゲトゲした4つの個体がなんとなく丸くまとまってゆく描写が間接的でいいです。



            若者らしい言動と、あるある的な温かくて身近なエピソードなどにも魅かれます。





            男子校だからか、ほんの少しBLっぽさが垣間見れる作品です。







            お店の正面玄関はこちら ⇒



            ランキングに参加しています。

            ぽちっとClickしていただけると喜びます。

            にほんブログ村 ハンドメイドブログへにほんブログ村

            にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへにほんブログ村

            一冊まるごと駄洒落本?

            0
              『 ラストレター 』 さだまさし 朝日新聞出版 (2014/9/5)





              入社4年目の局アナが一本のラジオ番組をまかされることになり、番組づくりに翻弄する姿が描かれています。



              が、内容もさることながらこの本の中身ほとんど駄洒落の連発。



              ワタクシが気づかないまま、読みすすめた駄洒落会話があったかもな、と思ってしまいます。



              面白い本です。



              そして、少し、ホロリとします。





              舞台は四谷三丁目近辺のラジオ局と、行きつけの居酒屋 ”ちょい都 ”



              かつて、ワタクシが通勤していたズバリの界隈なこともあって懐かしい気持ちも。



              超お下品な放送禁止用語を日常会話でおおらかに発し、迷惑極まりない大越P。



              (おいおい、彼の本当の優しさと深いラジオ愛を感じることになるのですが。。。)



              そもそも彼が発端の新番組企画



              ”日常のちいさいことを誰かに聞いてもらいたがっている人がたくさんいるはず ”



              スポンサー探しから全部自分でやらなきゃならない厳しい条件をなんとかクリアし、駄洒落まみれの番組構成だけど、最後のコーナーは真面目に。



              その日、一番心に響いた葉書を読んで終わる。



              一日の疲れを発散させるように前半で笑わせつつ、生きてるっていいことだな、と痛感させる言葉で締める。



              上手い構成だなぁ、と思いますね。







              『 心に愛が無ければどんな言葉も人の心に響かない 』(聖パウロの言葉より)



              これは、大越Pがさり気なく伝えるモットーなのですが、どんなシチュエーションにも当てはまる的を得た言葉に思えます。





              幾多の波を乗り越えて、好評をえた番組が枠拡大になってリニューアル直前の最終回、



              涙、涙の感動のラストレターは定年退職大越Pへの感謝の手紙。。。だったのに !?



              ちょっとしたドンデンガエシにも、さださんらしさが出ていていい終わり方だったな、と思ったのでした。







              お店の正面玄関はこちら ⇒



              ランキングに参加しています。

              ぽちっとClickしていただけると喜びます。

              にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
              にほんブログ村

              にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ
              にほんブログ村

              虚しさが残る 紙の月

              0
                『 紙の月 』 角田光代  角川春樹事務所 (2012/3/8)





                ”できごころ ”  その場で急に起こったよくない考え



                誰の身に起こっても不思議ではない、「まさかこんなこと」



                強迫観念 ・ 孤独 ・ 置き去りにされる焦燥感 



                主人公の心のモヤモヤに共感できる人がたくさんいるはず。





                自分で稼がないと自由にものが買えない。



                夫に養われているという負い目を感じながら悶々と日々送っている主婦が、



                奮起して銀行に勤め始め、とんでもなく飛躍して莫大な金額を横領してしまう。



                顧客の孫と唐突に不倫関係になってしまうくだりは??だったけど。





                そもそも、自分の欲求を満たすための稼ぎが、若い愛人の借金返済目的に変わっていく。



                ありそうでなさそう、なそうだけどあるんじゃない?





                物欲に負け、愛欲に溺れ、必要なのは人様の金。





                架空の預貯金証書を作成し、預かった金で豪遊し貢ぎ。。。



                ちょっとの間、拝借するだけ。。。



                はじめは律義に帳簿をつけて返済の目処を立てていたものの、いつしかそれも追いつかない程になり、



                終いには自分で操作した額がどれだけなのか判らなくなる。









                義務教育が終わり、就職、結婚、出産くらいまでが、人生の半分くらいにおとずれる転機。



                ここに就職しなければ。。。

                この人と結婚しなければ。。。

                赤ん坊が産まれていたら。。。



                どれも、平行して2パターンの人生は歩めないわけです。



                誰だって一度は「。。たら」「。。れば」で架空の第二の人生を夢想したことがあるのでは?





                幼少期からの人格形成、金銭感覚の芽ばえと勘違い等がからみ、ひとりの人間の半生の縮図を見せつけられるよう。







                これが買えたから裕福、あそこに行けたから幸せ。



                大丈夫、貴方のことは私が守ってあげる。。。( そして裏切られ )





                金銭感覚と幸福感のバランスのとり具合に失敗してしまった中年女性の可哀想な結末。





                取り返しのつかない犯罪、逃げ切れるはずがないことを薄々感じている。





                犯罪者心理





                『 捕まってほっとしました。 』



                死について考えた

                0
                  『 ぼくがいま、死について思うこと 』 椎名誠 (2013/04/26 新潮社)





                  「 死はある意味、解放です 」





                  今年のはじめ、義父の葬儀でお世話になった僧侶の言葉が思い出されます。



                  13年間、ベッドに横臥しつづけた義父本人の ”解放 ”



                  毎週末、車で1時間かけて父を見舞いに通っていたパパさんの ”解放 ”





                  人生を全うしたとは決して言えないであろうけれど、



                  80近くまで生が続いていたことで無理やり納得しようとしている。





                  人生はいつか終わる。



                  その ”いつか ” が分かれ道になるだろうけれど、この歳(いくつ?)までくると



                  どこかの保険会社のキャッチコピー



                  「 生きるための○○保険 」 は要らない、とワタクシは考えています。





                  ワタクシにとって4人の親のうち、唯一現役バリバリの実父。



                  ジィジィは孫(ワタクシの娘ね)がお嫁に行くまでは死ねない(死なない)と常々言っているけれど



                  さて、お嫁に行ったからといって、「はい、もういつ死んで構わないよ」 というわけではないんです。



                  ”お嫁に行くまで ” という、それほど無理でなさそうな期限を設けているだけに過ぎなくて。



                  お嫁に行ったなら、次は ”ひ孫が産まれるまで。。。 ”となるのが常。





                  それが、生きがいってこと?







                  若い頃から無茶をして、幾度も死の間でたたかい(運よく)乗り越えてきた椎名氏。



                  先輩、後輩、そして友を見送る頻度が増えていくなかで、今やっと自分の死をみつめる段階にきたという。



                  遅くないかい? と思ってしまうけれど、冒険家としても活躍してきた彼のこと。



                  『 死 』 はなかなか縁のないキーワードだったのでしょう。





                  しかし、先に述べたワタクシの父と同様、椎名氏にも孫ができ、今までと別のルートで生きる方向を見据えたのだと思います。



                  幼い孫に 「じぃじぃは死なない」 と大きな嘘をついたエピソードはどれだけ孫を愛しているかを象徴しています。



                  不死身に見えても、奇跡は起こりません。



                  いつか会話が出来なくなり、体に触れられなくなります。





                  存在がなくなります。



                  語り継がれるほどの生きざまがなければ、しゃぼん玉と同じかもしれませんよ。







                  本書では、鳥葬・風葬・水葬についての記述は詳しくて、世界各国で宗教がらみの様々な死者の埋葬事情が書かれています。



                  奥様である渡辺一枝さんが立ち会った鳥葬や椎名氏が直面した水葬など、ギョッとする描写もなかなか迫力があります。





                  親族や身近な人たちとの別れ際を回想し、自分の最期に望むこともやんわりと書き記しています。





                  いじめが原因で自死を決断するこどもに対しては、



                  早計すぎる。 学校(が原因なら)はやめていい。 じきに羽ばたける。



                  と残念そうに述べています。





                  ワタクシもそう思います。



                  自分を守るために、ときには逃げることも大切だよ、と。



                  自分がいなければいけない場所は自分が成長できる場所であって



                  頭を抱える場所ではないんだよ。





                  そうでしょ。





                  加賀恭一郎のプライベートをからめたか。

                  0
                    『祈りの幕が下りる時』 東野圭吾 講談社(2013.9.13)





                    身を守る為に殺人を犯す。



                    嘘をあばかれるのを恐れて殺人を犯す。



                    苦しみから解き放つために殺人を犯す。





                    崩壊する家庭が3組あり、その家庭ごとに誰かしらが死んでゆく(殺されてゆく)のが哀しい。



                    崩壊の1組に加賀恭一郎の家庭が含まれており、彼の家庭からの離脱者は母親。



                    自らの責任を感じ、家をでて単身で水商売をしながら細々と生活し病に倒れる。



                    生前、親しくしていた男性が実はこの物語の中核人物のひとり。



                    娘が誤って殺してしまった男とすりかわり、死んだことにして逃亡生活をつづける人生で出会うのが、加賀の母親というわけで。。。



                    その男の娘と恭一郎が接点をもち、各々が複雑な心境で探り合いながら真実をつきつめてゆくのです。





                    恭一郎といえば日本橋。



                    謎めいたキーワードも日本橋に係わるものでした。





                    ホームレスを身代りにする設定は「容疑者Xの献身」を思い出させる。



                    ちょっと強引かな、と思う話の展開もなきにしもあらず。



                    まぁ、そんなところです。



                    スキーシーズンもそろそろ終盤。 白銀ジャック

                    0
                      『白銀ジャック』 東野圭吾  実業之日本社 (2010/10/5)



                      文庫描き下ろしで出版後1年で単行本(実業之日本社 (2011/11/17))を発売。



                      こういうパターンもあったんですね。



                      確かに、コレクターさんなんかだと単行本がないってことになると結構問題かも。。。





                      以前書きました通り、ワタクシは 『疾風ロンド』 を先に読んでしまった馬鹿者です。



                      まぁ、舞台がゲレンデで犯人が雪下に何か埋めちゃってて事故回避に全力を注ぐ。。。っていう大まかな筋は似ています。



                      今回は、スキー場の経営者と地元の有力者との利権がからんだ展開に。



                      ゲレンデのどこかに爆弾を仕掛けた、と脅迫をかけてきた犯人はいったい何者か?



                      後半で、”スキー場売却のうわさが流れた” というくだりで、なんとなく気付いたのはワタクシだけじゃないはず。





                      疾風ロンドと同じく、登場人物にスキーテクニックが恐ろしく上級な人がいます。 

                      スノーボーダーだったりもします。



                      ありえないでしょ 悲しい という描写もあります。



                      スキー場に誘導するキャンペーンをしてたらしいですが、この2作品が爆弾をしかけたものなので、そのレベルでOKだったのかな、と。



                      現実離れしている、ということです。



                      まさか、自分が滑りに行ってる場所が爆破されるなんて考えが及びませんよね。



                      これが、リフトが落下したとかゴンドラ緊急停止長時間監禁なんてことになると、

                      ”アレ? 大丈夫かぃ? ちょっと不安 ” ってなことになるでしょ。



                      だから、ありえなくていいんです。 ここは。





                      疾風ロンドを娯楽本と書いてしまいましたが、本書は一段上あたりかな。



                      ワタクシがスキーを全くしないからかもわかりませんが。。。





                      それ以上は言えません。 悪しからず。



                      当たり外れ、誰にでもあるよね。





                      次にスタンバイしている 『奈良 地理・地名・地図の謎』 がどれだけ面白いか楽しみだにゃ〜 猫


                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << July 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM